アーキプレックスのブログ
by archiplex
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
すばらしい新世界 池澤夏樹(中公文庫)
e0065156_1254147.jpg

途上国へのボランティア活動をしている妻の提案で、風力発電の技術強力にヒマラヤの奥地へ赴いた主人公は、秘境の国の文化や習慣に触れ、そこに暮らす人々に深く惹かれていく。留守宅の妻と十歳の息子とEメールで会話する日々が続き、ある日、息子がひとりでヒマラヤにやってくる・・・・。ひとと環境のかかわりを描き、新しい世界への光を予感させる長編小説。
以上文庫本裏表紙の紹介文より。

久しぶりに長編小説を読みました。
友人に勧められて読んだのですが、とてもおもしろかったです。
なにげなく始まった主人公の行動をきっかけにして、その家族に訪れる日常が変化し、環境・文化・文明・家族・性・子供・辺境・都市・宗教・信仰・教育・・など、様々な事柄に触れながら、物語は多面的に語られていきます。
おもしろかったのは、壮大なストーリー展開によりそれらが描かれるのではなく、あくまで今を生きる私たちの「日常」の延長線上で描かれているところで、読者の心にすっとそれらの内容が入ってきます。
いつもの見慣れた景色が、違う色に染まるような感じがしました。
知らない外国に行ったときのような気持ちになりますよ。
「最近、旅行に行ってないなー」という人に、この文庫本、おすすめです。
[PR]
by archiplex | 2008-04-17 01:31 | TeaTime!
<< 雑誌掲載のお知らせ モディリアーニ >>