アーキプレックスのブログ
by archiplex
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:旬膳小野( 3 )
吉祥寺「旬膳小野」完成
e0065156_1340834.jpg地元吉祥寺にある割烹「旬膳小野」さんのエントランスが完成しました。
記事をアップすることが随分遅くなってしまいましたが・・・
木工事部分の塗装(今回はワトコオイルで仕上げました。)と、プランターボックスに株立ちの布袋竹が納まったことで、初日よりグンとよくなりました。
しっとりとした感じが伝われば良いのですが。

夜の雰囲気が断然良いのですが、撮影の機会が未だありません。
とーっても美味しい御料理を頂けるので是非、お客さんとしてお伺いしつつ、撮影という事にしたいです。
何か特別な日に、是非、予約を入れてみて下さい。
(創作ではない、でもちょっと変化球も織り交ぜた和食が頂けます。)


e0065156_1341208.jpg「旬膳小野」
TEL 0422-46-2055
吉祥寺駅公園口(南口)徒歩5分
要電話予約
携帯版HP "http://oya-yubi.com/72003"
[PR]
by archiplex | 2006-01-29 13:55 | 旬膳小野
エントランス施工初日
久しぶりの更新になります。
今日は吉祥寺にある割烹、旬膳小野さんのエントランスのリニューアル工事でした。
昨年秋から基本設計を練ってきましたが今回はエントランスを模様替えする事になりました。
テナントの共用部分は、どうしても雰囲気を変えるのが難しい部分です。
が、やっぱり御客様を迎え入れる場ですから「ようこそおいでやす」という感じにしたいですね。
そんなことで、迎えの空間をビル軒下に創ってみました。

杉の無垢板で板戸を作り、ビルの間の雑踏や臓物が目に入らない空間を切り取ります。
御主人の要望もあり、プランターボックスを板戸前に作りました。
ここには、先達選んだ布袋竹を明日搬入する予定です。

ちなみに今回の施工業者さんは幹建設さん。
実質的な処女作である「豊田の家」からお世話になっている工務店さん。
そして大工さんは「豊田の家」「小野田商店」といつもお世話になっている近藤棟梁です。
かじかむ手を暖めながらの作業。ご苦労様でした。

e0065156_19505586.jpg
木工事は無事完了。
明日は塗装、電気、植栽工事です。

この写真は板戸を固定する為の「おもし」です。
相棒のUが吉祥寺のある骨董屋で仕入れました。
ちなみに十六貫。昔の天秤の分銅のようです。
なかなかの雰囲気をもったモノです。 -n-

e0065156_19503890.jpg
[PR]
by archiplex | 2006-01-17 19:54 | 旬膳小野
植栽畑へ小野さんと
先日、凍てつく寒さの中、旬膳小野の御主人、料理人の小野さんと
リニューアル工事で使用する植栽(竹)を選定しに深大寺にある造園屋さんの畑へ・・・

設計では株立ちの黒竹をチョイスしてましたが、現物を見てみると「ちょっとイメージと違う。」ということに。
立ち会っているみんなが同じ気持ちでした。
黒竹は葉の量が少々多めに感じる。そのためかモタッとした感じと、黒竹独特の黒い木肌のバランスが良くないのでした...。
でも捨てる神あれば拾う神あり。
お隣に植えられている布袋竹がとても美しい。
(隣の芝生とはこのことか?、大丈夫、客観的に見ても良い!)
迷わず「こっち!」
決定しました。
e0065156_22115288.jpg
一通り、造園技師の佐伯さんに案内して頂きながら、畑にあるその他の植物も見て回りました。
椿、南天、枝垂れ槐なんてものにもお目にかかりました。
帰りがけ、道なき道を行くと立派な民家に出会いました。(写真)
聞けば、造園屋さんの卸を営む地主さんの御自宅。
写真では伝わりにくいですが、懐の深い茅葺き屋根、下屋と茅軒の間には養蚕部屋の木戸が見え、どっしりと、実に座りの良い姿でした。

-n-
[PR]
by archiplex | 2005-12-16 22:16 | 旬膳小野